分かるが詰まった海外FXメディア

海外FXPRESS.COM

BXONEの登録方法!図解手順・入力例から本人確認書類・2段階認証の設定まで徹底解説します

BXONEはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に対応した、仮想通貨系のオンラインウォレットです。

例えば日本で最もメジャーな海外FXブローカーである「XM」では、BXONEが”唯一のビットコイン入出金手段”となっていますので、「XMにビットコイン入金するためにBXONEに登録したい」と思った方は多いと思います。

しかし、BXONEは「英語」にしか対応していません(サポートは日本語対応しています)。

英語ですべて書いてある=登録でつまづくこともあると思いますし、個人情報の記入方法・本人確認書類の提出方法も非常に分かりにくいですよね。

そこでこのページには、現在進行形でBXONEを使っている管理人が、

  • BXONEの登録方法(図解)
  • BXONEの個人情報の登録方法・本人確認書類の提出方法
  • BXONEの2段階認証設定方法

についてまとめましたので、はじめてBXONEに登録するときの参考にしていただければ幸いです。

BXONEの登録方法

まずはじめに、BXONEの登録方法から見ていきましょう。

STEP1「Open Account」をクリックする

STEP2氏名・メールアドレス・パスワードを記入する

  • 下記入力例も参考にしながら必要情報を入力します
  • すべて入力できたら、reCAPCHA認証後、「Register」をクリックします。
入力項目 入力例・入力内容
FirstName 名前をローマ字入力します(例:TARO)
LastName 苗字をローマ字入力します(例:YAMADA)
EmailAddress メールアドレスを記入します。GmailなどのフリーメールでもOKですが、ドコモやソフトバンクなどの携帯メールは大事なお知らせが届かなくなる恐れがあるため避けましょう(例:sample@fmail.com)
Password パスワードを自由に設定します(例:Password777)
Confirm Password もう一度同じパスワードを入力します(例:Password777)

STEP3「Send Activation mail」をクリックする

  • 「Send Activation mail」をクリックします

STEP4メール内のURLをクリックする

  • 登録したメールアドレスに届いている「[BXONE] Email Activation」のメールを開きます
  • メール内のURLをクリックします

STEP5「Active your BXONE account」をクリックする

  • 「Active your BXONE account」をクリックします
  • 登録したメールアドレスとパスワードでログインできるか確認できたら、BXONEの登録完了です。

BXONE公式サイト

BXONEの個人情報登録・本人確認書類の提出方法

BXONEに登録したら、すべての機能を使えるようにするために、個人情報の登録と本人確認書類の提出を行っていきましょう。

個人情報の登録方法

1.「Personal setting」をクリックする

  • BXONEにログインします
  • 「Personal setting」を選択します

2.Detailed Information部分の「Edit」をクリックする

  • Detailed Information部分の「Edit」をクリックして、個人情報入力画面に移動します

3.個人情報を入力する

  • 下記入力例も参考にしながら必要情報を入力します
  • 入力できたら「Confirm」をクリックします
入力項目 入力例
Date of Birth 誕生日を入力します(例:1980年10月20日⇒1980-10-20)
Nationality 「Japan」を選択します
Address 市区町村以降の住所をローマ字入力します(*1)
City 市区町村をローマ字入力します(*1)
State 都道府県をローマ字入力します(*1)
Country Japanを選択します
Post Code 郵便番号を入力します(例:1001234)
Phone Number 日本の国番号+81をつけて、頭の0を抜いて携帯電話番号を記入します(例:09012345678⇒+81-90-1234-5678)
passport Number 必須ではないので無記入で大丈夫です

(*1)住所のローマ字入力は「JuDress」や「君に届け」を使うと簡単にローマ字変換ができます。

4.「Cofirm」をクリックする

  • 最後に、もう一度入力内容を確認して「Confirm」をクリックします
  • 間違った情報がある場合は「Back」をクリックして修正するようにしてください

本人確認書類を提出する

個人情報を入力したら、次に、BXONEに本人確認書類を提出していきましょう。

1.本人確認書類と住所確認書類を準備する

はじめに、本人確認書類と住所確認書類を準備します。

本人確認書類

本人確認書類として認められているのは免許証・パスポート・マイナンバーカード(顔写真があるもの)の3種類です。

この中から1つを選んで、4隅が入るようにスマホのカメラ等で撮影しておきましょう。

住所確認書類

住所確認書類として認められているのは、発行6か月以内の住民票、公共料金の請求書、銀行の取引明細などになります(1枚の書類の中に住所・氏名・発行日が確認できるものです)。

これらの中から1つを選んで、こちらも4隅が入るようにスマホのカメラ等で撮影しましょう。

2.本人確認書類を提出する

  • BXONEにログイン後、「Personal setting」をクリックします
  • 画面下部の「Documents」部分に移動し、撮影した本人確認書類・住所確認書類をアップロードします
  • すべての画像がアップロードできたら、「Request identification approval」をクリックします

3.本人確認認証完了

  • 本人確認書類が受理&認証されると「[BXONE] Identification Confirmed」のタイトルで画像のようなメールが届きます
  • 以上でBXONEの本人確認認証完了です

書類に不備がある場合などは、その旨を記載したメールが届きますので、不足している書類等を送るようにしましょう。

eZpayカードを発行する場合、パスポートを持った本人のセルフィー画像が必要になります。

BXONE公式サイト

BXONEの2段階認証設定

最後に、セキュリティレベルを高めるために、2段階認証設定をしていきましょう。

STEP1「Google Authenticator」をダウンロード

  • 2段階認証アプリの「Google Authenticator」をダウンロードしておきます

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ

STEP2「2FAsetting」をクリックする

  • 「Personal setting>2FA setting」をクリックします

STEP3「Google authenticate」を選択する

  • 「Google authenticate」を選択します

「Google Authenticator」を使わず、SMS(電話番号に届くメール)で認証したい場合は「SMS authenticate」を選択してください。

STEP4QRコードを読み取る

  • 「Google Authenticator」を起動して右上の「+」マークをクリックします
  • 画面に表示されたQRコードを読み取ります

QRコードを読み取れない場合は、画面に表示された「Backup code」をコピーし、手動で入力部分にペーストしてください。

STEP5BXONEの2段階認証設定完了

  • 「Google Authenticator」に表示されている6桁の数字を記入し「Check」をクリックします
  • 以上でBXONEの2段階認証設定完了です

BXONE公式サイト

-BXONE

Copyright© 海外FXPRESS.COM , 2020 All Rights Reserved.