分かるが詰まった海外FXメディア

海外FXPRESS.COM

タイタンFXはスキャルピングに適してる?規約・スプレッド・約定力から徹底調査しました!

タイタンFXは、

  • 高品質な日本語サポート(平日24時間対応)
  • 最大レバレッジ500倍&追証なし
  • ペッパーストーンの元運営メンバーがボードメンバーとして参加(=運営力が高い)

といった特徴を持つ、スペックの高い海外FXブローカーです。

XMやゲムフォレックスと違い、”ボーナスがないブローカー”としても有名ですが、ボーナスがない=スプレッドが狭い(手数料も安い)ため、「スキャルピング」にも適していると言われています。

ということでこのページでは、実際にタイタンFXを利用し続けている管理人が、

  • (そもそも論として)タイタンFXはスキャルピングをOKしているのか?
  • タイタンFXとスキャルピングの相性はどうなのか(スプレッド・手数料や約定スピード)
  • タイタンFXでスキャルピングする際の注意点

について詳しく解説していきます。

タイタンFXはスキャルピングOK?

スキャルピングは小さな値幅を繰り返し狙いながら利益を積み重ねていくトレード手法ですが、FXブローカーにとっては「ポジションをカバーできない」「サーバが重くなる」などのリスクがある取引でもあります。

こうしたことから、国内FXでいえば「DMM」「SBI」などがスキャルピングを禁止しているよね。
おおかみくん

では、そもそも論としてタイタンFXはスキャルピングを許可しているのでしょうか?

タイタンFXはスキャルピングOKです

結論から言うと、タイタンFXはスキャルピングOKの海外FXブローカーです。

取引手法・EA制限なし - Titan FXでは、両建て、スキャルピング、EA利用を含め、取引制限はございません。お客様のご希望の方法で、安心してお取引頂けます。

規約で認められている=スキャルピングによる口座凍結や取引停止のリスクがありませんので、安心して取引ができます。

上図にある通り管理人もタイタンFXで100万円以上を入金&現在進行形でスキャルピング取引をしていますが、個人的にも快適に使うことができています。

TitanFX公式サイト

タイタンFXのスキャルピングとの相性

ここまで、タイタンFXがスキャルピングOKであることを紹介してきましたが、”スキャルピングがOK”であることと、”スキャルピングに適している”ことはイコールではありません。

次に、”客観的なデータ”からタイタンFXとスキャルピングとの相性について考えていきましょう。

この段落で紹介すること

  • スプレッド・手数料
  • レイテンシー(約定力)
  • 信頼性の高い信託銀行

観点1スプレッド・手数料

タイタンFXのスプレッドは、独自テクノロジーである「ゼロポイントシステム」によって、以下のように、業界でも最狭のスプレッドを誇ります。

通貨ペア スタンダード口座 ブレード口座
EURUSD 1.2pips 0.2pips
GBPUSD 1.57pips 0.57pips
AUDUSD 1.52pips 0.52pips
USDJPY 1.33pips 0.33pips
USDCHF 1.92pips 0.92pips

Titan FX ZP-ASMは、他社には真似できないTitan FX独自のシステムで、深いリクイディティ・プールおよびダークプールにより、業界最狭レベルのスプレッド(0銭/0ピップ)、為替レートを、全てのアセットクラスにおいて実現としました。

特にスプレッドの狭いブレード口座(=ECN口座)はスキャルピングにピッタリですが、このECN口座も片道手数料が3.5ドル/lot(【比較】XMは片道5ドル/lot)と手数料が安い点も◎です。

観点2レイテンシー(約定力)

約定力=注文の通りやすさであり、約定力が高いことによって自分の希望する売値・買値で取引することができます。

スキャルピングトレードをするなら約定力の高さは「必須」と言っても過言ではありません。

さて、完全にスリッページを発生させないための理想的なレイテンシーは1~10msと言われています。

しかし、現実にはこの約定スピードは出せませんので、スキャルピングトレードの際は100ms以下のブローカーを選ぶことが理想とされています。

海外FXブローカーの平均値は300~400msなのですが、タイタンFX(ブレード口座)の主要通貨ペアのレイテンシーを「Server Latency Tester v3」で測定してみたところ・・・

  • 【EURUSD】29ms
  • 【GBPUSD】28ms
  • 【AUDUSD】28ms
  • 【USDJPY】33ms
  • 【USDCHF】32ms

と非常に素晴らしい約定スピードを出してくれました。

約定スピードは使用パソコン・使用VPS・サーバの位置・運用方法など様々な要因によって若干の違いは出てきます。

タイタンFXの約定力は間違いなく高く、スキャルピングにピッタリです。

観点3信頼性の高い信託銀行

タイタンFXはバヌアツライセンスを保有し、投資家の資金はNBV(バヌアツ国立銀行)とNAB銀行(ナショナルオーストラリア銀行)にて管理されています。

入金額・確定損益・未確定損益のすべてが補償の対象ですので、安心してトレードすることができます。

また、タイタンFXはNDD業者で不正がなく取引の透明性が高い点も◎です。

TitanFX公式サイト

タイタンFXでスキャルピングをする時の注意点

最後になりましたが、タイタンFXでスキャルピングトレードを行う際は、ECN方式である「ブレード口座」を選ぶことをオススメします。

スタンダード口座のスプレッドも狭いですが、あくまでこれは「他の海外FXブローカーと比較した場合」です。

トータル手数料を考えてもブレード口座の方がお得で、最小入金金額200ドル・最小取引0.01ロット・最大レバレッジ500倍である所もスタンダードと同じですので、特に理由がない限りはブレード口座を選ぶようにしましょう。

※管理人もブレード口座で運用しています。

TitanFX公式サイト

-タイタンFX (Titan FX)‎

Copyright© 海外FXPRESS.COM , 2020 All Rights Reserved.